PS4搭載のHDDをSSDに交換するとどうなる?

まず立ち上がり、ゲーム起動、ロード時間、モデルデータの読み込みがHDDよりも大幅に短縮されます。またSSDはHDDより省電力設計です。微々たる差ですが電気代の節約に繋がります。

あとPS4を起動するとHDDの音がカリカリ、ジージーうるさいですよね。SSDに交換することで静音性を高めることが可能です。

SSDはHDDに比べて耐久性、衝撃性の面でも優れています。何かの弾みでPS4に衝撃を与えてもHDDよりデータが壊れるといったトラブルを防ぐことが可能です。現状のHDDよりも快適なゲームをやりたい方はSSDへの交換をおすすめします。

PS4でHDDからSSDに交換するポイント

交換方法に関する詳細な記事は「PS4の内蔵HDD交換,完全ガイド(4gamer.net)」が参考になります。こちらでは必要なSSDの注意点、ポイントを紹介。

  • SSDはできるだけ大容量(160GB以上が推奨)
  • SSDの厚みは9.5ミリ以下
  • 接続方式はSerial ATA2もしくはSerial ATA3
  • 容量1GB以上のUSBメモリ

ストレージ容量に関してはソニー側で推奨されているようです。また厚みは推奨サイズ以上だと収まらないといったトラブルが発生します。基本的に販売されている2.5インチSSDは厚み7mmが多いのでそこまで気にする必要はないかと…

接続方式に関してはSerial ATAとなっており2世代、3世代ともに問題なく使用ができます。

最後の容量1GB以上のUSBメモリに関してはPS4のシステムソフトウェアをPCから落としてSSDに交換したPS4へインストールする手順で必要なっています。

PS4におすすめのSSD容量

どうやらPS4はシステム領域のみで100GB前後もストレージを占領するらしいのでできれば大容量タイプがおすすめとなります。240GB〜256GBクラスのSSDではあまりにも容量が不足している状態になるのでおすすめ容量は480GB以上となります。

この400〜500GBクラスのSSDの相場は約12,000円〜16,000円前後のSSDが多いです。

PS4におすすめのSSD

Crucial MX200

Crucial
フォームファクター 2.5インチ
接続方式 SATA 6Gbps
NANDタイプ TLC 保証期間 3年
容量 250GB 500GB 1TB
読み出し速度 555MB/s 555MB/s 555MB/s
書き込み速度 500MB/s 500MB/s 500MB/s
Amazon価格 8,642円 15,596円 31,258円

耐久性、信頼性、速度面から言ってコスパも良いためPCでも大人気のCrucial MX200シリーズです。コスパの良い容量は500GBモデル。PS4のHDDをSSDに交換したい場合は真っ先におすすめしたいSSDとなります。厚みは7mmになっているため条件は全てクリアしています。


CFD SSD TOSHIBA製

CFD
フォームファクター 2.5インチ
接続方式 SATA 6Gbps
NANDタイプ TLC 保証期間 3年
容量 240GB 480GB 960GB
読み出し速度 551.4MB/s 551MB/s 550.8MB/s
書き込み速度 516.3MB/s 511MB/s 518.9MB/s
Amazon価格 7,848円 15,098円 34,203円

東芝製のためこのモデルも信頼性が高いです。速度も速く480GBがもっともコストパフォーマンスに優れたモデルになっています。Crucialと読み書き速度に差がほとんどないためお好みで選んで下さい。


パソコンをHDDからSSDに換装すると体感でも非常に速くなったのがわかります。PS4ではパソコンほどではないにしろ数十秒は起動やロード時間の短縮に繋がる結果がYouTubeなどでも多くの方が動画で投稿をしています。HDDの騒音、速度に不満があり金銭的にも余裕がある方はぜひPS4のHDDからSSDへの交換を行ってみてください。一応最後に言っておきますがHDDからSSDへの交換はメーカー側が推奨しているわけでもありません。その行為によって故障をしても保証対象外になるので自己責任で行うようにしましょう。

↑ ページの上部へ