SSDのNANDとは?

NANDとはSSD、USBメモリ、SDカードに利用されるフラッシュメモリの種類になります。SSDではNAND型になっており記録方式が複数あります。SSDで採用されている記録方式はSLC、MLC、TLCです。

この記録方式の種類によって速度、信頼性、耐久性、価格が変わってきます。

人気となっている低価格のSSDはほとんどがTLC方式です。昔と比べれば技術もよくなりTLCであっても速度、耐久性が上がっています。

SSDの性能を決めるのは速度、耐久性、信頼性、価格です。順番としてはSLC>MLC>TCLといった形になります。しかしSLC方式は非常に価格も高いため一般には実用的ではありません。

コスパを求めるならTLC方式、少し予算に余裕があり品質の高いSSD欲しければMLC方式を選ぶのがおすすめです。

SSDの耐久性とは?

速度、価格は記載もあるのでわかりやすいですが耐久性とは一体なんなのでしょうか。SSDの耐久性とは総書き込み量の上限です。SSDは書き換え回数に制限が設けられており耐久性の高い方が総書き込み量が多くなります。

とは言っても一般的なパソコンの使い方をしていればまったく気にする必要がありません。データの読み書きが激しい用途でパソコンを使う方のみSSDの耐久性を気にすれば良いでしょう。

↑ ページの上部へ