知っておくべきSSDのメリット・デメリット

SSDは速い…!すでにご存知の方もいると思いますがHDDよりもSSDはとてつもなく読み書き速度が速くて快適なパソコン動作を与えてくれます。

しかし、そんなSSDにもメリット、デメリットは存在しています。交換(換装)する前にぜひSSDの良し悪しを知っておいて納得したら交換、増設をするようにしましょう。

SSDのメリット

  • ランダムアクセスではHDDの数倍も速い
  • 静音性が高くほぼ無音
  • 衝撃に強い
  • HDDよりも省電力

簡易的に説明するとHDDではデメリットになっていた部分をSSDでは全て解消した形になっています。一度SSDを使ってしまうとHDDに戻るのは億劫になります。それほどSSDにするメリットは高いです。

SSDのデメリット

  • HDDより容量が少ないのに高い
  • 書き換え回数に制限がある
  • 長期間の書き換えがないとデータ消失
  • 使用容量が大きくなるとパフォーマンスが低下する

書き換えに回数の制限などは普通に使う分にはまったく気にしなくて良いレベルです。デメリットではありますが遭遇するような事態にはまずならないでしょう。一番のネックはやはり価格です。

SSDも安くはなりましたがHDDと比較すればまだまだ1GB単価は高いです。1TB、2TBなどの大容量モデルになるとHDDとは5倍〜6倍は価格差があります。

SSD+HDDの組み合わせでデメリットを回避!

SSDの恩恵はシステム関連の高速化になります。それ以外の関係ないものはHDDに保存すればSSDの空き領域を必要なものに充てがうことが出来ます。そのためSSD+HDDといったツインドライブ仕様にすると非常に快適なパソコンとなります。

BTOパソコンも主流になっているのがSSD+HDDです。OS、ゲーム、各種ソフトウェアはSSDに保存して画像、動画などのデータはHDDに保存するといった形式が主流となっています。

↑ ページの上部へ