コスパがよくてBTO、自作PCにも人気のSSD/Crucial

メモリ、SSDを専門的に開発して販売しているCrucial。価格が安く速度も安定しているためBTOメーカー、自作PCにもよく使われるSSDになっています。

チップセット、マザーボード、OSとの連動を確認するリリース前のテストを徹底的に行っており1000時間を超える耐久テストまで実施されて製品化されています。AmazonのSSDランキングでも上位には複数のCrucial SSD製品がノミネートされており人気の高さを伺うことができます。

CrucialシリーズのSSD

CrucialシリーズのSSDラインナップを紹介しています。新作から人気モデルまで予算、速度、信頼性、耐久性に合わせて選ぶようにしましょう。

Crucial MX300

Crucial
フォームファクター 2.5インチ
接続方式 SATA 6Gbps
NANDタイプ TLC 保証期間 3年
容量 275GB 525GB 1TB
読み出し速度 530MB/s 530MB/s 530MB/s
書き込み速度 500MB/s 510MB/s 510MB/s
Amazon価格 9,427円 16,798円 33,686円

Micron社の3D NAND技術を採用した新作SSDになります。従来のモデルと比べて電圧制御を抑えて従来のTLC方式よりも高い信頼性、耐久性を実現したモデル。耐久性はMLC<TLCといった図式でしたが3D NAND技術によって信頼、耐久性は書き換えられるかもしれないと言われています。フォームファクターは2.5インチの他にM.2規格もあり接続方式はSerial ATA 6Gbpsとなっています。


Crucial MX200

Crucial
フォームファクター 2.5インチ
接続方式 SATA 6Gbps
NANDタイプ TLC 保証期間 3年
容量 250GB 500GB 1TB
読み出し速度 555MB/s 555MB/s 555MB/s
書き込み速度 500MB/s 500MB/s 500MB/s
Amazon価格 8,642円 15,596円 31,258円

ハイパフォーマンス、高い信頼性、耐久性を実現したモデルです。BX200シリーズと並び非常に高い人気を誇っています。主流は2.5インチですが他にmSATA、M.2タイプ規格まで揃っています。どの容量でも同一の最大読み書き速度になっている安定した性能を誇るSSDです。


Crucial BX200

Crucial
フォームファクター 2.5インチ
接続方式 SATA 6Gbps
NANDタイプ TLC 保証期間 3年
容量 240GB 480GB 960GB
読み出し速度 540MB/s 540MB/s 540MB/s
書き込み速度 490MB/s 490MB/s 490MB/s
Amazon価格 6,833円 14,990円 29,291円

とにかくコスパの良い大人気SSDです。フォームファクターは2.5インチのみ。ハードディスクよりも高い耐久性、エネルギー効率でまたたく間に人気となりました。一般的なSSDと同じ水準ながら価格を抑えたモデル。初めてのSSD搭載モデルとしてもおすすめです。


コスパを求めるならBX200!耐久性や信頼性を求めるならMX200、300シリーズ

コスパ重視の方はBX200が各SSDを販売しているメーカーと比較しても安くて性能も安定しています。私もBX200/480GBモデルを搭載していますが快適そのもの。非常に満足のいく買い物になりました。一般用途で使う分にはBX200シリーズで十分です。

より高いパフォーマンス、耐久性を求めるのであればMX200、300シリーズを推奨します。エネルギー効率もBX200より高くなっており一般的なSSDより長く高いパフォーマンスを維持してくれるSSDになっています。BX200シリーズとの価格差は1000円〜2000円程度なので予算に余裕があるならMXシリーズを選びましょう!

↑ ページの上部へ